忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                                                               Nago Mitill



たぶん 僕は自分を、 何かに押し込めているんだ。

それは とても小さな箱で、 何故だか窓もない。

僕は そこで、 昔見た美しい景色を思い出そうとしている。

いつも そうしている。



高い空の青、 淡い風の匂い、

すべては変わり、 僕のもとから消えてしまった。

僕の心が変えてしまった。

失くしてしまった鮮やかな青、 鈍い灰色の壁の向こう、

恋焦がれて懐かしい歌、 口ずさみ、

膝を抱えて、 ひとり、 うずくまっている。



いつか 頬を撫でる風を 肌に感じて、

理由もなく赤い血が体を駆け、 走り出したくなる、

そんな日が来ること、 諦め切れないから、

僕は ここにいる、 まだ 空を探している。



声高に語れるような 立派な夢がなければ、

記録に残るような 優れた形がなければ、

人は生きていけないのか? 生きていては いけないのか?



たぶん 青い空は いつでも僕の上にあって、

風は 今もずっと僕のそばを吹いているのだろう。



本当は 気付き始めているんだ。

日々を ただ自然に、 懸命に生きることのほうが、 ずっと大切で、

そして、 それは とても 楽しいことなのだろう、

空のように 風のように。



たぶん 僕は自分を、 何かに押し込めているんだ。

そして、 僕はまだ ひとり、 空を探している。






                                (2008年・筆)

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お久しぶりです!

何だかとっても読後感のある詩ですね。とある物語のワンシーンを思い出しました。空を見上げた少年は涙を浮かべ、その中に明日を見付けたビジョンと共に。

私は“空”が大好きなので(特に晴れが)何とは無しに見上げてしまいます。
淺見砂麻莉 URL 2008/04/23(Wed)00:26:35 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HOME 「花曇り」 >>>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.