忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                               Nago Mitill

疲れて遠のいた僕の瞳に

夢にも見れなかった あなたの海が見える。

 

あなたが追い求めたものを見るために

僕は今、あなたと同じ場所に立つ。

ここから見渡せる景色を、

あなたもまた、 見渡したのだろうか。

 

ほら、 見てごらん。

きれいな、 きれいな青が  どこまでも、 どこまでも連なっている。

風は嵐のように駆け抜けて、 雲は空を滑っていく。

うねる光の波の間を縫って、  

遠く、 遠くまで声を張り上げ

もう、 どうしても届かないあなたの姿を

見つけ出そうと必死になった。

 

あなたが、 かつて手をのばしたところへ

僕は今、 視線をなげかける。

ここに触れていたあなたは、

いったい何を思っていたのだろう。

 

もう見るはずのない優しい影を、 もう一度追いかける。

見えてこない道の先に、 僕はいつも誰かの後姿を追う。

 

ねえ、見てよ。

あなたの手をこえて、 あなたの声をこえて

あなたの姿を この空の下に見失って。

                                             (1996年・筆)


[備忘録]

10年前に書いた詩です。
どんな場合でもそうですが、必ず自分の先を行った先人がいます。先人の足跡を辿りながら、自分と同じようにここを通った先人は、どんなこと考えてたのかなーと、時々思います。そして、いつかは先人の足跡を越えて、もっと自分は先まで行かなきゃならんのだなと思います。前人未到の地で、心細くなったときに、たぶん先人のことを振り返ります。先人もきっと、未開の地で頑張ったのだろうと。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.