忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                              Nago Mitill

花が咲く季節を、 嫌悪するようになっていた。

あてもなく、ここを彷徨ったまま、 また一年が通り過ぎていったことを、

僕は、 ただ ただ、 感じるだけだ。

縫い上げた傷口を 再び引き裂くように、 この季節が 巡ってくる。

貼り付き、 焦がすだけの この想いは、

いつになったら、 この胸から去ってくれるだろう、 浄化されるだろう。

願い続け、 祈り続け、

それでも 僕は忘れられない。

再び、 花が咲く。

 

戻らない。 もう二度と戻らない。

この想いも、 時間も、 …あなたも。

陽光に輝き、 幸せそうに はらはらと流れる この花が咲くたび、 

僕は 自分が抱えている存在を 自覚せずにはいられない。

求めるものを 数えるための、 指さえ失ってしまった手を


目も覚めるような 白く明るい日差しの下で、 ただ見るだけだ。

耐え切れないほど、 たとえ これから 時が過ぎても

幻のように 春は来るだろう、 花は咲いているだろう。

 

嘘をついた僕の真実を 花は誘いながら、 儚く、 逃げる。

そのたび、 僕を、 痛みが貫く。

穏やかに花を見れなくなって、 一体どれほど時が過ぎたのか。

ぬくもり、 移ろいながら この花が咲く。  …優しさに満ち満ちて。

 

花が咲く季節を、 僕は嫌悪するようになっていた。

                                              (1999年・筆)


[備忘録]

7年前の私が、桜を題に詩を書いたら、こんなものが出来あがったようです。日本人にとって、桜は出会いと別れに付きまとう花ですから、桜を見ると、ただ美しいと思うだけでなくて、色々な記憶が思い起こされます。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.