忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                                                       Nago Mitill



吹き上げてくる風に手を広げて、

降り注ぐ雨に この身を溶かして、

ある日、 どこかへ消えてしまいたくなる。



久しぶりに気分のいい日だったから、 ふと 思いついて。

緑が まだ綺麗なうちに、

空の青が胸に ひどく染みて、

見上げても 見えない星が 僕を呼ぶから、

すべてを捨てて ここから立ち去れば、 二度と戻れはしない。



懐かしい歌声が、 緑深き闇の向こうから 僕を呼ぶ。

安らぎをくれるという優しい調べを、 幾人が聞いてきたのか、

僕は 何度、 その呼び声を聞いたのか。

その甘い響きは さざ波のようで、 いつからか ずっと 僕の耳に こだまする。

繰り返し、 打ち返し、 ふと湧き上がり、

忘れていた故郷のように、 僕を捕らえる。

僕は立ち止まり、 見つめる。 緑の闇の向こうを。



強い風が吹いて 木々がざわめき、 僕を呼ぶ声がして 振り返る。

世界がまだ綺麗なうちに、 ふと どこかへ消えてしまいたくなる。



繋いだ きみの手の体温、 僕の名を呼ぶ きみの声。

それが もし無ければ僕は、 どうなってしまうのだろう。

分からない、 本当は、 分からない。

孤独に抗う術を、 僕は まだ知らないから。



緑ゆらす風に 誘われて、

降り注ぐ光に この手を差し出して、

どこかへ消えてしまいたくなる。 自由な鳥のように。



気付けば風は止み、 さざ波の呼び声は 遠く日常の中へと消える。

まだ 僕は行かない。

この地上に、 僕の名を呼ぶ人がいる限り。




                                 (2007年・筆)


[備忘録]

「歌声」は、セイレン(別名・サイレン)の歌声をイメージしています。セイレンとは、ギリシア神話に出てくる妖怪(←?)です。その美しい歌声で、船乗りを惑わせて、死へといざなったといいます。

あんまり関係ありませんが、久々に温泉に行って、ピチピチになってきました。やっぱり、のんびり温泉で過ごすのはいいですね~。しかし、本人はピチピチなのに、完成した詩は少し暗め(汗)。

でも、毎年、夏になって、自然の生命力がガンガンに強くなると、お盆がきたりして、逆に死の気配を濃く感じることもあります。不思議ですね。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.