忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                            Nago Mitill

今、 意識して忘れようとしている。

目をそむけ、 何もかも知らないように振舞う。

忘却という時の贈りものが

破れ、 爛れた傷口を、 甘く苦い感傷に変えるのを 待っている。

 

けれど、 ささいなことを切っ掛けにして

忘れていたはずの感情が、 ふいに よみがえり、

僕を、 強く揺らす。

胸に深く突き刺さる痛み、 ほとばしる悲しみ、

そして、 雪崩のような 苦しいだけの、 愛おしさ。

君への喪失感は、 まだ生々しすぎて

無理やり縫い付けておいた傷口を引き裂き、 赤い血が零れる。

 

記憶の中の痛みに

立ち向かえるだけの勇気が、 本当は欲しい。

僕の中の君という存在を、 黒く染めたくないから。

君を追いかけ、 罵りたくなる、 僕の醜い感情を

ただ、 今は自分に泣くことを許して 止める。

 

いつかは君を、 僕の優しい記憶にする。

懐かしい愛おしさで、 君の笑顔を思い出す。

 

                                      (2007年・筆)


[備忘録]

つらく悲しい記憶には、たいていの場合、その前に楽しく幸福だった記憶が伴います。だから、その「痛い記憶」を完全に丸ごと忘れてしまいたいとは思わないのです。いつかは、悲しみを乗り越えて、楽しく幸福だった記憶を、懐かしい愛おしさで振り返りたい、そう思います。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.