忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                             Nago Mitill

blue sky  and  blue sky,

そして、 目覚めてみれば 僕の悩みなど 大したことではないさ。

駆け上がるように生きてきて、 ここにいる。

きみは、 何処に 行っているの?

 

何時か昔、 聞いていた海の音を

今更つぶやいても、 もう 懐かしいとは感じられはしない。

記憶の底から引きずり出してくれ。

終わらない夢を、 今 やっと終えるために。

ふとした時から、 この身に染み付いてきた そいつらは、

ここから 消えてくれない。

錆は削っても、 芯まで錆びてしまっているから、

仕様がないよと、 今、 笑う。

 

夢は忘れても、 夢見た事実は忘れない。

叶わないから、 夢見ていたことだけ覚えているよ。

blue sky,

人々は それを、 奇跡と言うけれど、 奇跡と言うけれど、

会うことのなかった悲しみは、 この世界の何処へ消えていく?

きみは、 何処へ 行ってしまったの?

 

愛しく月日を経るごとに、

何時の間にか身についたのは、 処世術。

張り付いたような笑顔を にこやかに浮かべて、

腐った言葉を 口が紡いでいる。

blue sky  and  blue sky,

皆、 笑っている。

でも、 目は合わせない。

blue sky,

人々は、 奇跡と言うけれど、 奇跡と言うけれど、

贖える真実だと言うけれど、

僕は、 信じない。

 

人々は、 奇跡と言うけれど、

会うことのなかった悲しみは、 幾つ何処かへ消え去れば許される?

奇跡と言うけれど、

知ることのなかった怒りは、 一体 何処へ消えればいいのか?

blue sky  and  blue sky,

彷徨の彼方。

僕は、 信じない。

 

blue sky,

きみは、 何処に 行っていたの?

 

                                             (1997年・筆)


[備忘録]

10年くらい前に書いたものです。まだ文章が青いっす。そして、ちょびっと暗い。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.