忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                               Nago Mitill

「過去があるから、 未来があり、 今があるのだ。
今があるから、 過去があり、 未来があるのだ。
未来があるから、 今があり、 過去があるのだ。
今は未来であり、 かつ、 今は過去であるのだ。」

「ああ…私は時という舞台の上。
その時を 私は歌い、 声を上げ、 踊り続ける。
その瞬間を、 踊り続ける。」

 

すべてを捨てて ここから逃げ出したら、

楽になれるだろうか?

今まで築き上げてきた自分を捨てれば、

生きるための幾つもの苦痛は消えるか?

 

でも、 籠から逃げ出した鳥は

屋上から空へと 飛び立てたのか?

地に叩きつけられる無残な体とは逆に、

心は、 軽く 空へ舞い上がれるとでも?

 

息をつく場所がない。

すべてを委ねて休める場所がない。

現実から逃げ出したくなる日常

すべてを投げ出したら、楽になれるか?

 

でも、 舞台を途中で飛び降りた僕に、

カーテンコールは、 かかるだろうか?

忽然と幕だけが落ちた僕の舞台に、

感動の拍手は、 鳴り止まないだろうか?

 

…籠から飛び出した鳥は、

屋上から空へと 飛び立てたのか?

地に叩きつけられる無残な体とは逆に、

心は、 軽く 空へ舞い上がれるとでも?

 

こんな大人が泣くなんて、 情けないと

呟く 僕がいるけれど

大人だって誰でも子供に戻り、 泣いてもいいのだと

過去と未来の僕が、 僕に許す。

何の必要もなく生まれてくる存在などないのだと、

幸福に青空を見上げている 子供の僕が言い、

未来という可能性を忘れてくれるなと、

穏やかに笑む 未来の僕が

だから 今、 ここに生きているのだと

明日へと 僕を呼ぶ。

 

そうだ

傷つき血を流す生きた手が自分にあることを忘れて、

ただ、 自分の存在に苛立っても仕様がないのだ。

誰かの手を待っているのは、 きっと 傲慢で、

自分で 手をのばして 生きてみるのだ。

 

未来で 待っている人のために

僕は今、 この壁を越える。

 

立ち上がるために、 生き続ける。

 

           

「だって、 ほら、 いそがなくても
その時は、 いずれ 誰にも平等に訪れるさ。
力尽きた肉体が地に伏し、 許されて旅立つ その時が来たら
なにも迷わず、 遠く青空へ飛び立てばいいだろう?
できれば、 フィナーレ、 ラスト・ダンスを大切な人たちと甘受して、
紛れもない自分自身からと、この世界で出会った全てのものたちからの
カーテンコールを 聞きながら。」

 

                                              (1994年筆・2006年編)


[備忘録]

12年前頃に書いた散文3つを合体させ、一つの詩に仕上げてみました。ずばり自殺を取り扱った詩です。
なんか、小学生の頃のほうが、物事を真面目に考えてますね。大人になるほど、だんだん、いい加減な人間になっていく私…(笑)。

「未来で待っている人のために」というフレーズは、当時は書きながら本当にそんな出会いがあるものかなあと、半信半疑で実は書いてましたが、その後、中学、高校、大学と、それなりに多少待っていてくれた人がいたので、けっこう人生捨てたもんじゃないなーと思ってます。

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
これすごい好き。
カーテンコール、という言葉が効いてるね。
花苑 URL 2006/11/25(Sat)14:54:10 edit
コメントありがとう!
お気に召していただけて、幸い♪

3つの詩を合作させたので、題名は迷ったんですが、「カーテンコール」という言葉を捨て切れずに採用しました。
何分、扱っているテーマが自殺と暗いのですが、「時という舞台」や「カーテンコール」を組み合わせることで、ちょっとは明るい詩に仕上げられたように思います。

「カーテンコール」、なんか好きな言葉だったんですよね。この後、自分も舞台に立つという経験が出来るとは、この詩を書いた時点では全く予想もつかず(笑)。
Nago Mitill 2006/11/26(Sun)01:44:47 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.