忍者ブログ
和 路流(Nago Mitill) のブログ、*Eternal×Blue* ~空の下、どこまで届くか分からない歌~ へ、ようこそお出で下さいました。こんにちは!ご訪問、ありがとうございます。当ブログは、自作の詩、Poetryのページとなっております。拙作ですが、無断転載・転用は、禁止で願います。    コメントなど、お気軽にお声をお掛けください♪初訪問の方は、最古記事トップ「空の下で、あなたと生きる」の追記・備忘録を、ぜひご覧ください!
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

                                              Nago Mitill


苦しい時は、 いつも、 

今は もういない あなたのことを思います。

死の影に侵されながらも、 最後まで笑顔を絶やさずに、

語りかけ、 歩むことを止めなかった あなたのことを。



迷う時は、 いつも、 

今は もういない あなたのことを思います。

私の弱音を許し、 力強い言葉で支えてくれた、

あなたの温かい励ましの声が、 私は欲しいのです。



私は、 あなたの声を継げていますか?

私は、 正しい道を歩めていますか?

あなたが許し、 認めてくれれば、 何の不安もなく進める気がするのに、

もはや、 あなたから返る言葉は無いのです。



ずっと笑顔だったから、 笑顔でしか思い出せない、 懐かしい人。

でも、 笑みながらも、 厳しい声で言うに違いない。

私を巣立っていけと、 自分の力で歩んでいけと。



苦しい時は、 いつも、 耳に残る懐かしい声を 思います。

「今度は、 きみが誰かを導いて行く番だ」



                                  (2006年・筆)


[備忘録]

小3から小4までの担任だったS先生、誰からも慕われる立派な恩師でしたが、小5の時、急逝されました。
告別式に参列した時、S先生らしい質素かつオリジナルな葬式で、泣けました。

修士論文の副審査官を務めてくれる予定だったK先生。包容力のあるダンディな恩師でしたが、論文が仕上がる一ヶ月前に急逝。手伝いの学生たちにまで気配りが行き届いた立派な葬式でした。校歌で棺を送った時には、小雨までパラついて完璧、弟子が百人ほどで涙で見送りました。

お二方とも、直前まで無理して仕事して…でも笑顔だったな~。

論文が仕上がらなくて、どうしようもなくて、家でフテ寝してた時に、K先生の声がして、「次、○○くん、やってごらんなさい」と言われたのにはビックリしました。亡くなられた直後のことで。たぶん、夢だったんだと思うんですが、嬉しかったっす。
K先生!何とか、修士号はもらったすよ!
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
プロフィール
HN:
Nago Mitill (和 路流)
性別:
非公開
職業:
人間の類。
趣味:
放浪(←方向音痴)。放浪ついでに、穴場のCafe探し。
自己紹介:
こんにちわ。へっぽこ素人詩人、なごみちです。ブログ運営も素人。PCとは疑心暗鬼の付き合いです。
詩は思いついた時に書いてます。まったくもってノロノロなブログですが、週一更新を心がけております。のんびりご賞味下さい。
最新CM
[04/23 淺見砂麻莉]
[01/05 Nago Mitill]
[11/24 淺見砂麻莉]
[11/23 Nago Mitill]
[11/12 淺見砂麻莉]
ブログ内検索
カウンター
最新TB
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.